スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング参加中です!

人気ブログランキングへ ブログランキング ブログランキング【くつろぐ】

応援よろしくお願いします☆



押尾学119番通報の助言を無視!

押尾学の事件がさらに急展開を迎えている。
交際のあった女性からの証言や、その他の知り合いからの証言があると言うことだ。


どうやら、死亡した女性の田中さんにMDMAを飲ませたのは
押尾学の可能性が極めて高いようだ→芸能人のスキャンダル


さらに、119番通報の助言を無視したと言うことが捜査関係者への
取材で明らかになったようだ。



[pr]詳細



以下引用


元俳優・押尾学容疑者(31)が
飲食店従業員の田中香織さん(当時30歳)に
合成麻薬MDMAを譲り渡したとして警視庁捜査1課は7日、
麻薬取締法違反(譲渡)の疑いで押尾容疑者を逮捕した。


保護責任者遺棄容疑も追及する方針だが、容疑を否認している。
田中さんが死亡した当日、押尾容疑者が証拠隠滅を企てるために
“クスリ抜き”の点滴を打ったという人物が事件後、
初めて口を開いた。8日発売の「FLASH」が伝えている。



芸能界タブー毒本


この人物によると、押尾容疑者は
MDMAは自分が彼女(田中さん)に飲ませた」と告白[pr]詳細

まず1錠を飲ませて性行為に及んだが、変化がなかったため
もう1錠飲ませると、急に苦しがったことから人工呼吸をしたという。


その後、田中さんが死亡すると、知人を介してこの人物と
東京・錦糸町のラブホテルで落ち合い、生理食塩水に解毒剤とブドウ糖を
溶かした溶液を点滴。通常は処置に2、3時間かかるが、
押尾容疑者が「早く警察にいかなきゃ」と焦った口調で話したため、
約1時間半で点滴をやめ、袋を破いて飲ませたと告白している。


また、押尾容疑者には関西のキャバクラで働く恋人がおり、
保釈後も都内で密会を繰り返していたことも明かしている。

引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000038-sph-ent


やはり、本人は否定しているようだが間違いなく押尾の方が田中さんに
MDMAを渡したのは間違いないだろう。


いったいいつまで容疑を否認するのだろうか?


一刻も早く事件を究明してもらいたい。
スポンサーサイト


人気ブログランキング参加中です!

人気ブログランキングへ ブログランキング ブログランキング【くつろぐ】

応援よろしくお願いします☆



Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © りりあの日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。